予知能力よりも予測を鍛える - 九頭龍之介【道標】
FC2ブログ

予知能力よりも予測を鍛える

本題とは関係ないですが。。。
「九頭龍之介と検索したら、先生のyoutubeを見付けました!」と言われました。そういえば、一昔前も同じようなことがあったので、改めて注意しておくと、それは僕ではありません(2018年8月現在、youtubeに動画を投稿していません)。そして、名前の由来をよく訊かれるのですが、友人がつけてくれたあだ名みたいなものです。姓名判断ではどうかも調べてませんが、字体の収まり方が気に入ったのでそのまま名乗ってます。
僕ほど、この辺を適当に付けている人はいないと思いますが、あくまで名前は記号的な意味合いが強いと思っているので、こだわりがないのです。これを姓名判断をしている友人の占い師に話したところ、怒られると思ったのですが、「らしいよね」の一言でした。常日頃から自分を偽らないこと、これが大事です。


予知が難しいならば予測の能力を鍛え上げよう
さて、今回の本題に移りたいと思います。前々日の「♯占い師は未来は全て決まっているとは言わない【未来予知の話】」では「全ての未来が決まっていると占い師は困る」という話をしましたが、今回は「未来予知」というものについて考えてみたいと思います。
誰でも、未来をを知りたいと考えるものだと思いますが、それは予知ができなくても「非常に精度の高い予測ができてもOK」だと言えます。むしろそちらの方がレイシのスキル、スピリチュアルなスキルを必要としない分、フォーマットに落とし込みやすく、誰でも習得可能で興味を持ちやすいかもしれません。

2013年のWIRED NEWSによると「自分の感情を信じる傾向の強い被験者(感情派)は、自分の感情を信じない被験者(理論派)よりも、予測の当たる確率が25%高かった」という研究結果があるそうです。
この研究を手掛けたミシェル・ファム教授によって、この現象は「感情によるお告げ効果(emotional oracle effect)」と名付けられました。

以下、引用です。

---近年、人間の「無意識」は大量の情報を同時に処理する能力を持ち、膨大なデータセットでも滞りなく分析できることが明らかになってきている(これに対し、人間の「理性」には非常に厳密な限界があり、一度に処理できるデータは常時わずか4ビット程度だ)。

では、無意識にはどうやったらアクセスできるのだろうか。そもそも無意識とは、その定義から来るように、「意識の外で」行われていることなのだ。

ここで鍵になるのが感情だ。

あらゆる感情はデータの要約、つまりわれわれが意識の上ではアクセスできないすべての情報処理を手早くまとめたようなものだ(ファム教授はこれを、感情は無意識の領域を覗き込むための「専用窓」のようなものだと表現している)。複雑な事象について予測を立てるときには、この余分な情報がしばしば重要になる。これが情報に基づく推測と、単なる偶然との違いだ。

引用元=「♯感情が理論より賢いとき(WIRED)


つまり、「感情」によって「無意識」にアクセスし、「理性」を超えた情報処理を行い、「高精度の予測を立てる」ことができる、ということです。ただし、感情だけではなく、あくまで情報処理なので、ある程度の知識を必要とすることが前提のようです。

以下も引用です。
---「感情によるお告げ効果」はある程度知識のある事柄においてしか得られなかったようだ。大学フットボールの知識を持たない被験者の場合、BCSナショナル・チャンピオンシップ・ゲームの結果の予測に感情は役立たなかった。

つまり、われわれの感情は愚かでも万能でもない。感情のお告げは不完全だ。しかし、それでも強い感情というものは、「たとえ何もわからないと思っているときでも、実は脳は何かを知っている」ということの知らせなのだ。

引用元=「♯感情が理論より賢いとき(WIRED)


この研究の面白いところは、「お告げと名付けられてはいるが、そのお告げは自分から発信される」という点です。そして「自分の感情を信じて無意識にアクセスすることで、理屈を凌駕することが出来た結果」という、スピリチュアルともいえる結果を出しているということも大きなポイントです。
さて、我々はこの現象をスピリチュアルなものとして、予知能力のように振舞われた場合、その区別がつくのでしょうか?
名前と年齢と出身地と占星術を予備知識として持ち、自分の感情を信じる占い師が、理屈を超えた情報処理を行い聞いた「感情によるお告げ」は、はたから聞けば「お告げそのもの」に聞こえるかもしれません。

そして大事なポイントがもう一つあります。これは誰にでも出来る、再現可能なものである、ということです。
是非、予知とまではいかないが、予測の精度を上げたい方は、まずは自分の感情を信じることから始めてみては如何でしょうか?


九頭龍之介

ブログランキング・にほんブログ村へ



【毎日、対面鑑定&メール鑑定やってます!】
北海道〜沖縄まで全国対応。
出張鑑定、対面鑑定、話を聞いて欲しいなど雑談のみでも可能です。東京都内・神奈川県横浜市内は交通費無料。

▼対面鑑定&メール鑑定に関するご質問・ご依頼はこちらまで↓

九頭龍之介 対面鑑定
メールアドレス:nekomatablog02@gmail.com

コメント

非公開コメント

連絡先

メール鑑定・無料相談・雑談・相談の続きなど、何でもご自由に 連絡先:nekomatablog02@gmail.com

九頭龍之介

Author:九頭龍之介
はじめまして。九頭龍之介(くずりゅうのすけ)です。
多数のブログの中から僕のページを閲覧していただき、誠にありがとうございます。

現代において、日々決断が必要になる場面が多く存在します。
社会の多様化につき、運命は昔よりも複雑になり、現代人の悩み・ストレスの多くは、予測できない未来に翻弄されているといってもいいでしょう。
婚期・恋愛・友情・仕事など、いつ、どのタイミングでどのような決断をすればいいのか?はたまた、このままでいいのか?
自分の現状や未来が不透明な状況は、なにが正解でなにが不正解なのか分からず、すたすらに手探りで進んでいる状況です。

占いは、それらの状況に道標・指針を与えてくれます。
自分の位置を明確にし、進むべき方向性を示し、未来を予測し、人生をより良い方向に向かわせるためのツールです。
後悔のない、幸福へと向かうために活用しましょう!


■九頭龍之介について
鑑定歴10年。うお座、A型。占術家(predictor)、鑑定士(Psychic appraiser)、人間コンサルタント(Human consultant)。インターネットやSNSでの鑑定を中心にした時代に即した「現代占術 九頭流」を展開中。

もともと家系上では神道系の縁戚にあたり、幼い頃、僕自身は何かその道の勉強をしていたわけではありませんでした。ですが、紫色に光る神社を視るなどの霊体験を経て、自身の機能について調べ始め、それを活用することが出来るようになり、今ではそれを以って鑑定という形で皆様のお役に立てるようになりました。

独学で統計学・物理学・占いの研究を現在も進めています。
自身の知識量とアウトプットは比例すると考えているので、ありとあらゆる相談に対応できるよう勉学に励んでおり、それらの知識を使っての鑑定も行っています。


■鑑定について
基本的にどのような相談事でも受け付けておりますし、真剣に対応させていただきます。雑談レベルでも構いませんし、些細な不安でも取り除けるよう努力いたします。また、占いの指南についても行っています。どのようなことでもお気軽にまずはご相談ください。

主な鑑定方法としては、

①名前や生まれた年から、統計学を以って貴方のイメージを彩ります。
※お名前、生年月日必須

②霊感をベースに自身に視えたスピリチュアルな事象・事柄をイメージに重ね合わせながら、丁寧に丁寧に彩ります。

③九頭独自の論理、洞察力、課題解決能力から、上記の繋がりを整理し、欠落、矛盾、思い込みなどがないかを検証します。
※この時点で質疑応答をさせて頂く場合がございます。

以上の手順を以って、ある程度の答えや方向性を導き出します。
それから改善策・ヒーリング等を進めていきます。

一度で解決できるものではないものについては、アフター鑑定として定期的に確認させて頂き、問題等があればご連絡致します。
※基本的には対面鑑定となります
※対面鑑定が難しい場合はメール鑑定も受け付けておりますので、ご相談下さい


■NG項目
お金にまつわる相談
試験の合否
心霊スポット等の鑑定


占い以外にも、寂しさを紛らわしたい、元気になりたい、などの相談も受け付けておりますので、是非お気軽に遊びにきてください!
お会いできるのを楽しみにしています^^


【毎日、対面鑑定やってます!】
北海道〜沖縄まで全国対応。
出張鑑定、対面鑑定、話を聞いて欲しいなど雑談のみでも可能です。東京都内・神奈川県横浜市内は交通費無料。

▼対面鑑定に関するご質問・ご依頼はお気軽に!
九頭龍之介 対面鑑定
メールアドレス:nekomatablog02@gmail.com

↓以下のメールフォームからでも送信できます。



フリーエリア

検索フォーム